2008年08月01日

モーツァルト音楽療法

モーツアルトは、天才作曲家として語り継がれており「シンフォニー(交響曲)」や「コンチェルト(協奏曲)」など多くのクラッシックを作曲した、誰もが知っている通り偉大な音楽家ですね。

モーツアルトは会話をしながら頭の中で作曲完了した物を譜面に書いていたそうです。

基本的には言語・会話は左脳で処理され、音楽などは、基本的には右脳で処理されていると言われていて難しい事ではないように思ってしまいますが、実際にやってみると結構大変ですね。

モーツアルトは、右脳を使う天才だったのではないでしょうか。


そして最近はモーツアルト音楽療法が大変健康などに良いと人気が出ています。

モーツアルトの音楽は、実際に脳を刺激し、自律神経を活性化させるようです。どうしてそういった効果が現れるのでしょう。
一般に人の健康を支えている生体機能には、刺激を与える高周波を豊富に含んでいて、高周波音はせき髄から脳にかけての神経系を効果的に刺激して、その結果健康を支えている生体機能に良い影響を及ぼすと言われています。

そしていろいろあるクラッシックの中でもモーツアルトの音楽は3500ヘルツ以上の高周波を豊富に含んでいると言われています。


また植物でもモーツアルトの曲は効果があると言われており、例えばトマトにモーツアルトの音楽を聞かせるとトマトの発育が早く、甘くなる効果がありました。

通常の糖度は4.8%だったのが音楽を聞かせる事によって2倍以上の9.3%にアップしたといわれています。

これは、トマトが元気に育つとエネルギーが豊富になり、糖度が高くなったと考えられています。


最近では痴呆症や高血圧などそれぞれの病気の効果にあったモーツアルトの音楽療法のCDを発売しており、音楽療法の決定版と言われています。


グローバルダイエット
トゥルースリーパー
心エコー 正常値
posted by 音楽療法士 at 21:07| 音楽療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。