2017年11月19日

オルゴール音楽療法

認知症とは、記憶、見当識、理解、計算、学習能力、言語、認識など脳の障害のため、知的機能が慢性進行性に低下しそれによって生活上の機能低下をきたす状態で、行動異常や精神変調を伴うことがあります。

認知症は初期は家族には気付かれず、本人が思い出せないとゆう歯がゆい思いをし、家族がおかしいと感じた頃には本人は家族が気付いている事を知らないくらい進行していると言われています。

そして本人が一時的にに正常な状態に戻ったとき、家族にすまないなと思いますが、次の瞬間にはまた判らなくなってしまうのです。

そして今まではこういった認知症は改善できないと言われていました。


しかし認知症にも音楽療法は効果的だと言われています。

90歳の男性が認知症の障害が進み不眠症で睡眠薬が投与され、便秘の下剤を飲むほどになってしまったそうです。

その時に1日2時間から4時間のオルゴール音楽療法を始めた所、身体中の温かくなる事から始まり、一ヵ月後睡眠薬が要らなくなり、その後便秘も見事に解消したそうです。

また、痴呆症の主な症状といえるボケの症状も薄れていき、頭がはっきりしまし、それだけではなく、難しい熟語やおつりなどの計算、昔会っていた友人を思い出したり、1人で散歩からも帰って来るなど家族が驚くほどの変化があったそうです。


このように通常では治療では、考えられない事ですが認知症だけではなく、アルツハイマー病も大きく改善されたと言われています。

もし、認知症で悩んでいる方がいらっしゃったら、オルゴール療法を試してみるのも良いかもしれませんね。

女性医療保険 ランキング
皮下脂肪 減らす
男性不妊治療
posted by 音楽療法士 at 22:55| 音楽療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。